大泉学園・石神井公園の整体なら「梶原整体院」

肩が凝っている時や腰が痛いときなど もむと気持ちいいでよね

筋肉の緊張が解けてゆるんだように感じます。 またストレッチなどで、じっくりと伸ばしてあげるとリフレッシュした感じもします。

少しぬるめのお風呂で じっくり温まるのも気持ちいいですね。

ただ 気も持ち良いから筋肉がゆるむとは限らないのです。 コリが無くなるわけではない、という事です。

特にマッサージの場合、強くもんでしまうと 筋肉の繊維や筋膜を傷つけてしまい それが修復していく過程でより硬くなってしまう事もあります。

多くの人が勘違いしている事は、血流が悪くなっているためにコっていると思っているという事です。

血液の流れが悪いのではなく、間質リンパという体液の循環が悪くなって代謝が滞ることでコリや痛みが出ているという事です。

血液が滞ってしまうと その先の細胞や組織は死んでしまいます、肩がガチガチにコっていても肩が腐ってきた・・・って聞いたことないですね。

 

ではどのようにしたら筋肉って弛むのでしょうか?

一つは、触れるか触れないか位の ごくごく弱い圧力でタッチすること。

・首は上から下に向かって

・腕は肩から指先に向かって

・胴は胸から下腹部に向かって、背面は腰から背中に向かって

・足は指先から太ももに向かって

ゆっくりタッチしていくと、身体が軽く感じます 動きも良くなります。

つまり 間質リンパ<体液>の循環が促されたという事です。

 

ストレッチの場合はどうでしょうか?

痛いのを我慢してグイグイ伸ばすのは けっして良い結果は得られません。

呼吸に合わせて 吐く息の時にゆっくりと伸ばしていって、痛みを感じる手前で動きを止める

吸う息の時に ゆっくり模試の状態に戻します。

これを3回から5回くらい繰り返します。 こんなので効くのか・・・って思うぐらいで、いいいと思います。

 

石神井公園、成増で整体なら【症例数NO.1】の梶原整体院 PAGETOP